「さとログ」へアクセスして頂きありがとうございます。仕事終了後~翌日にかけて記事を更新しています!!

建築現場シム最新作「Construction Simulator」が発売、ローンチトレーラーも

先月、現場で複数のトラックやショベルカーなどといった車両での作業や4人プレイヤーで1つの商業施設を作り上げている様子を収めたマルチプレイヤートレーラーが公開された建築現場シム最新作「Construction Simulator」ですが、昨晩予定通り販売が開始されました。

発売に併せて”astragon Entertainment”が、多彩な建機で現場作業を進めていく様子を収めたローンチトレーラーが公開されています。

「Construction Simulator」のローンチトレーラー

本作はシリーズで初となる、マルチプレイヤーモードをコンソールでもプレイできる作品とのことで、最大4人のプレイヤーがマルチプレイに参加でき、招待されたゲストプレイヤーは、ホストプレイヤーの会社の同僚として働くことになり、働いた分の報酬を入手することが出来ます。プレイヤーはいつでも誰がどの作業を行うかを決めることができるとのことです。

『Construction Simulator』

Construction Simulator』が大ボリュームになって帰ってきた!再び仕事の日々を始めよう。収録された建機数は驚きの規模となった。『Construction Simulator』シリーズでおなじみのCaterpillar社、CASE社、BELL社などのブランドに加え、DAF社、Doosan社などの新たなパートナーと提携。70を超える実在建機に乗れるようになった。  

アメリカとドイツを元にした2つの巨大マップで、心ゆくまで建設しよう。 

2大マップ合わせて、刺激的なタスクが90個以上。新しい体験が常に待ち受けている! 

2つのマップには個別のキャンペーンがあり、あなたは自分の建設会社を持つことになる。最初はゼロからのスタート。師となるハペに支えられながら、やがては大規模で面白い仕事も受けられるようになる。会社は成長し、使える建設機械も増えていく。課題を与えてくるクライアントも様々だ。湾岸エリアを改装して観光客を集めたり、問題を抱えた都心部を復活させたりといった仕事には、あらゆるスキルが求められるだろう。  

EUマップのモデルは、ドイツ南西部の牧歌的な都市。起伏する丘や、美しい川辺がそこにある。キャンペーンの中であなたは、フリーデンベルクにて再生可能エネルギー問題の解決や都市のインフラ向上に寄与することになる。このような大規模な仕事以外にも、手に入れた機材を片っ端から試せる様々な仕事が用意されている。自分の成果を誇りに思いながら、街を乗り物で駆け抜けよう!  

シリーズでおなじみのブランドや建機も、もちろん収録されている。以下の公式ライセンスパートナーから、既存のものに加えて新しい建機を収録。いずれもグラフィックは進化した。Atlas、BELL、Bobcat、Bomag、CASE、Caterpillar©、Kenworth、Liebherr、MAN、Mack Trucks、Meiller-Kipper、Palfinger、Still、Wirtgen Group  

今までのライセンスパートナーだけでなく、以下の顔ぶれも新たに加わった。Benninghoven(Wirtgen Group内)、Cifa、DAF、Doosan、Nooteboom、Scania、Schwing Stetter、Wacker Neusonプレイヤーキャラクターに装備できる個人用保護具も実在製品を収録。新ライセンスパートナーのEngelbert Strauss社からの提供だ。  

これらのライセンスパートナーから70を超える建機が登場。丹念に本物を再現したものばかりだ。自分の帝国を築くだけでなく、フレンドを3人まで招待して一緒に建設することもできる。協力して建設することで、より効率的に契約を完了させよう!  

特長

  • 70を超える建機、車両、トラック、アタッチメント 
  • アメリカ、ドイツを元にした2つの巨大マップ 
  • 2大マップ個別のキャンペーン 
  • 90を超える契約で自分の限界に挑もう 
  • 新規ライセンスパートナー9社、公式ライセンスパートナーは合計25社に  
  • オンラインマルチプレイも可能(4人まで)

Steamより引用 


さとぼん
さとぼん

Steamのレビューには、掘削の判定や砂利敷きを平らに敷かないとクリアができないという声があり、2015年版と異なりシビアな部分もあるそうですが、UIの改善や建機カメラ視点が改善されているようで、時間泥棒ゲームであることには変わらないみたいですwww

タイトルとURLをコピーしました