「さとログ」へアクセスして頂きありがとうございます。仕事終了後~翌日にかけて記事を更新しています!!

TGA2022の5部門ノミネートをお祝いする「A Plague Tale: Requiem」の45分に渡るオーケストラコンサート映像が公開

先月発売が開始され、約2週間で累計プレイヤー数100万人を達成した続編「A Plague Tale: Requiem」ですが、新たに”Focus Entertainment”が、12月8日に開催される”The Game Awards 2022″の“The Game Awards 2022”の5部門ノミネートをお祝いし、45分間に渡るオーケストラコンサート映像を公開しました。

オーケストラコンサートには、アンサンブル・アンテルコンタンポランのチェロ奏者であるEric-Maria Couturier氏、グラミー賞を2度受賞したエストニア・フィルハーモニー室内合唱団が参加しています。

「A Plague Tale: Requiem」のオーケストラコンサート映像

「A Plague Tale Requiem: Symphony」

暴力的なファンタジー世界の中で壮大な地に足をつけた中世の冒険を描いた「A Plague Tale: Requiem」が、栄えあるゲーム・オブ・ザ・イヤー賞を含む、The Game Awards 2022の5部門以上にノミネートされました! このような素晴らしいチャンスは、本作が圧倒的に好評であることを裏付けるものであり、私たちは大変嬉しく思っています。

この成功の一因は、The Game AwardsのBest Musicにもノミネートされた、Olivier Derivièreが作曲し、世界的な演奏家が参加した素晴らしいスコアにあることは間違いないでしょう。ゲーム発売を記念して行われた彼らの特別なコンサートは、YouTubeで公開されており、初週の成功とThe Game Awardsのノミネートを祝っています。

Olivier Derivièreは、情熱的なビデオゲーム作曲家であり、複数の賞を受賞し、2017年のBAFTAにノミネートされた、この分野の世界的なスターである。ゲームプレイを考察の中心に置き、自らの意見で開発に影響を与えることさえある彼の含蓄の深さは、ビデオゲーム作曲家の中でも稀有な存在です。

また、アンサンブル・アンテルコンタンポランのメンバーであるEric-Maria Couturierや、グラミー賞を2度受賞したエストニア・フィルハーモニー室内合唱団など、Olivier Derivièreと共同で作曲した優れた演奏家が、楽曲に魅力的なボーカルを添えています。

「A Plague Tale: Requiem」は、XboxシリーズX|S、PlayStation 5、PC、Nintendo Switchのクラウド版で発売中です。

Youtube – Focus Entertainmentより引用 


さとぼん
さとぼん

「A Plague Tale: Requiem」5部門ノミネートおめでとうございます!!

タイトルとURLをコピーしました