「さとログ」へアクセスして頂きありがとうございます。最近寒暖差が激しいので体調管理に気をつけてくださいね!!

超常の敵に立ち向かうアクションADVゲーム「Ghostwire: Tokyo」が韓国のレーティング審査を通過

昨年9月に発売時期を2022年春に決定し、超常の存在によって独特な姿に歪められた東京を舞台にした”Tango Gameworks”開発のアクションADVゲーム「Ghostwire: Tokyo」ですが、新たに本作が、韓国のレーティング審査を通過したことが明らかになりました。

韓国のESRBレーティング

通過したのは、韓国のゲーム物管理委員会”GRAC”というところで、本作は、架空のホラー要素、サバイバル要素、暴力が含まれるため”15以上”のレーティングがついたとのことです。

“PlayStation Showcase 2021″で公開された「Ghostwire: Tokyo」のトレーラー

さとぼん
さとぼん

発売時期を2022年春と発表されており、今回韓国のレーティングを通過したとのことなので、もうすぐ発売日が発表されるのではないでしょうか!?

タイトルとURLをコピーしました