「さとログ」へアクセスして頂きありがとうございます。最近寒暖差が激しいので体調管理に気をつけてくださいね!!

“FromSoftware”の消費者アンケートで「Armored Core」と思われる新作が明らかに?

ResetEraのユーザーであるRed Liquorice氏は、昨日”FromSoftware”のメカアクションゲーム「Armored Core」の新作と思われる消費者アンケートを受けたことを明らかにしました。

アンケートには、”宮崎英高氏が描くSF世界 “と “ダイナミックなメカアクション”が特徴のTPSメカアクションであり、銃や刃物を使った遠距離・近距離バトルが繰り広げられることが書かれています。

アンケートと思われる一部文章

また、アンケートにはゲームのスクリーンショットや少量の映像も含まれていたとのことです。

上記の画像を翻訳してみました。

人類社会を劇的に発展させる可能性を秘めた未知の物質「メランジュ」。かつてこの物質は、惑星バシュタルで周辺の星系を巻き込む宇宙規模の大災害を引き起こし、やがてその存在そのものが失われてしまった。それから数十年後、再び惑星バシュタルでメランジュの反応が確認された。失われたはずの未知の物質を求めて、さまざまな思惑が渦巻き始める。政府、企業、カルト教団、無名の傭兵……さまざまな関係者が巻き込まれていく。主人公もその一人だ。

本作は、独特のSF世界を表現した圧倒的なスケールのフィールドを、ダイナミックなメカアクションで動き回るTPS(サードパーソン・シューティング)メカアクションです。銃や刃物を駆使して遠距離・近距離ともに強敵と激しいバトルを繰り広げます。

宮崎英高が創造したSFの世界。

フロム・ソフトウェアならではの奥深いSci-Fiの世界観と重層的なストーリー。惑星災害により荒廃したSF世界「バシュタール星」を舞台に、メカならではの圧倒的なスケール感で描かれる。

重層的な世界を表現する広大なフィールド

重厚かつ立体的なマップの中で、メカの世界のスケールを感じることができます。多彩なマップには、何度でも挑みたくなるような難しい敵や、緻密に作り込まれたシチュエーションが用意されています。

遠距離・近距離バトルで、緊張感を味わう。

銃による遠距離戦闘だけでなく、ブレードやシールドといった近距離戦闘の要素もあり、ゲームプレイに緊迫感を与えます。

2013年に発売された「Armored Core Verdict Day」のトレーラー

さとぼん
さとぼん

最後に発売されたArmored Coreは、2013年の” Verdict Day”なので本当だったらうれしいですね!!

しかしながら、他にこの消費者アンケートを受けた人がいるのかどうか、まだ明らかになっていないので噂程度に留めておくのがいいと思います。

タイトルとURLをコピーしました