「さとログ」へアクセスして頂きありがとうございます。最近寒暖差が激しいので体調管理に気をつけてくださいね!!

明日発売のPC版「God of War」の映画のようなウルトラワイドトレーラーが公開

昨日、”Santa Monica Studio”がTwitterにて本作の地域別の解禁日時を公開したPC版「God of War」ですが、新たにSIEがPC版の21:9ウルトラワイドスクリーンに対応した映画のようなビジュアルのゲームプレイトレーラーを公開しました。

ウルトラワイドスクリーンに対応したPC版「God of War」のゲームプレイトレーラー

 PC版「God of War」の地域別解禁日時

  • アメリカ:1月14日午前8時(PST)/午前11時(EST)
  • ヨーロッパ・中東:1月14日午後4時(UTC)/午後5時(CET)
  • アジア・オセアニア:1月15日午前1時(JST)/午前3時(AEDT) ※日本時間は1月15日午前1時です!!

北欧神話の世界へ
オリュンポスの神への凄惨な復讐の過去を捨て、北欧の地に辿り着いたクレイトス。神々や怪物がいる過酷な世界で生き抜く術を探しながら、息子アトレウスにもそれを教えなくてはならない。

二度目のチャンスを
再び父親となったクレイトス。父親に認められようとするアトレウスと危険な世界に置かれた彼は、息子の守り手として、今までの本質であった自身の怒りと向き合い、克服しなければならない。

恐ろしい生き物たちが待ち構える暗くすさまじい世界の旅
華やかなオリュンポスの大理石や石柱から一転し、古代北欧神話の荒れ果てた森や山、そして洞穴の世界は独自の生物や怪物と神々が生きる完全なる新たな世界となる。

大迫力の爽快アクション
肩越しの視点はプレイヤーとアクションとの距離を今まで以上に縮める。クレイトスを出迎える北欧の様々なクリーチャーたちは巨大であり、恐ろしく、手ごわく、戦闘も厳しい。新たな武器とアビリティは、ゴッド・オブ・ウォーシリーズの戦闘の神髄はそのままにこのジャンルの新たな地平を切り拓くという、一見相容れないビジョンを象徴するものだ。


PC版の特徴

高精細グラフィック
PC版では驚異的なビジュアルがさらに強化されています。対応デバイスではフレームレートの上限なしで4Kが楽しめます。高解像度のシャドウ、改善された反射やGTAOおよびSSDOの追加など、幅広いグラフィックプリセットやオプションから自分に合った設定を選んでください。

NVIDIA® DLSSとReflexのサポート
品質とパフォーマンスを両立。一部のNVIDIA製GPUでは、NVIDIAディープラーニングサンプリング(DLSS)テクノロジーを利用したAIの力で、高いフレームレートを保ちながら美しくシャープなグラフィックを楽しめます。またGeForceのGPUでは、NVIDIA Reflexの低遅延技術によって、プレイヤーが求めている応答性の高いゲームプレイを実現。素早い反応と高度なコンボが可能になります。

操作設定のカスタマイズ
自分のスタイルでプレイ。DUALSHOCK®4やDUALSENSE®ワイヤレスコントローラー、それ以外にも多くのコントローラーをサポートしているほか、マウスとキーボードの操作割り当ても完全にカスタマイズ可能。自分のプレイスタイルに合わせてあらゆるアクションを細かくチューニングできます。

ウルトラワイドモニターに対応
今までにない没入感を実現。パノラマワイドスクリーンで、息を飲むような絶景に囲まれながら北欧神話の世界を旅しましょう。21:9のウルトラワイドモニターに対応したゴッド・オブ・ウォーは、オリジナルのシームレスな劇場的ビジュアルを超越した、シネマ品質の映像を提供します。

Steamより引用 


さとぼん
さとぼん

今回の21:9ウルトラワイド対応は、単に解像度を変更するだけではなく、16:9では画面端で見切れていたUIやオブジェクトを画面に収める必要があり、更には様々なシミュレーションの動作を全ての状況で確認する必要があったそうで、全てのシーンや探索可能な場所を人力でチェックしたみたいで、開発陣の努力が感じられます。

タイトルとURLをコピーしました