「さとログ」へアクセスして頂きありがとうございます。最近寒暖差が激しいので体調管理に気をつけてくださいね!!

“SIE”が“Halo”や“Destiny”を制作した「Bungie」の買収を発表

本日、SIEは“Halo”や“Destiny”シリーズで知られる「Bungie」の買収契約を締結したことを発表し、PlayStation Studiosの傘下になったことが明らかになりました。買収の完了時期については不明ですが、買収総額は報道によると36億ドル(約4140億円)になるとのこと。

「Bungie」は、引き続き独立したスタジオとして運営されるとのことで、独自のパブリッシングにより、プラットフォームを問わずにプレイヤーにゲームタイトルを提供することが明らかになっています。

PlayStation Studiosの責任者 Hermen Hulst氏

「プレイステーションファミリーに新しい仲間が加わることを発表できて、とても嬉しく思います。

私は長年にわたってバンジーのファンでした。何度も繰り返し遊びたくなるような世界を作り上げる彼らの技術に、大きな敬意を抱いています。

Bungieは、卓越した技術で、プレイするのが非常に楽しいゲームを作っています。また、彼らのゲームをプレイするコミュニティに対する比類ない献身的な姿勢に、プレイステーションとプレイステーションスタジオの全員が共感し、彼らから学べることに興奮を覚えるでしょう。

バンジーのシニアチームと多くの時間を過ごしましたが、彼らの経験やスキルが私たちの経験と非常によく補完し合っていることは明らかです。私たちは、バンジーのさらなる成長を歓迎しサポートしていきます。

BungieのCEO Pete Parsons氏

私たちは、ゲームには無限の可能性があると考えており、エンターテインメントにおいて価値あることを伝えるには、私たちのビジョンとスタジオに大きな賭けをしなければならないと信じています。そして人々にとって本当に重要で忘れられない世界を構築ためには信頼できるクリエイターがいる素晴らしいチームが必要です。

ソニーというパートナーは、私たちのすべてを無条件にサポートしてくれて、Bungieの心に鼓動する創造的な独立性を維持しながら、世代を超えたエンターテインメントを創造する私たちのビジョンを加速させることを望んでいます。ソニーも私たちと同様、ゲームの世界はIPの可能性の始まりに過ぎないと考えています。世界中の友人、世代を超えた家族、そして複数のプラットフォームやエンタテインメントメディアのファンを結びつける象徴的なフランチャイズを創造し、育てていくという夢を共に分かち合っています。

今日、Bungieはグローバルなマルチメディア・エンターテイメント企業への道を歩み始めました。

■クリエイティブ・フリーダム

「1991年の創業以来、Bungieは常に独自の星図で未来を描き、社員とコミュニティのために歩んできました。私たちはその旅を続け、新しい世界を開発中であり、それを皆さんと共有するのが待ち遠しいです。

ソニーとなら、私たちの世界の可能性は無限大です。これからのゲームは、Bungieにとって未知の領域へ大胆に踏み出し、可能性の限界を押し広げ続け、常に有意義で生涯続く友情と思い出を創造することを基盤としています。

私たちは、これからも自分たちの運命を切り開く存在です。私たちは、これからも独立してパブリッシングを行い、クリエイティブなゲーム開発を続けていきます。私たちは、これからも一つのバンジーコミュニティを牽引していきます。私たちのゲームは、私たちのコミュニティがいる場所、彼らがプレイすることを選択する場所に存在し続けるでしょう。

ソニーの支援により、私たちの野心的なビジョンをサポートするために、スタジオ全体で人材の採用を加速させることが、最も直接的な変化として現れるでしょう。Destiny 2』、そしてその先にある新たな世界へ向けて、あらゆる分野で人材を募集しています。

30年、そしてこれからも

私たちの世界に生命を吹き込むのは、スタジオにいる私たちのコミュニティと人々です。Bungieの魂は社員にあります。社員から力を得て、私たちは可能性の限界を押し広げ、会社としてのあり方を変えてきました。

過去30年間、私たちが作り上げた魅力的な世界は、活気あるコミュニティとなり、そのコミュニティこそが真の魔法なのです。これらのコミュニティは、Bungieをゲームの枠にとらわれないものにしてきました。コミュニティは生涯の絆を築き、私たちや世界に真の意味での利益をもたらし、私たちを謙虚な気持ちにさせてくれます。

ソニーは、社員とコミュニティが最優先事項であり、成功の鍵であることを何よりも理解しており、私たちのプラットフォームを使って、より歓迎され公平な世界を目指して行動を起こし続けるために、共に歩んでいくことを望んでくれています。私たちの目標は、世界で最もクリエイティブで才能ある人々が、誰であろうと、どこの出身であろうと、どのようなアイデンティティを持っていようと、集まって最高の仕事をすることができる場所を作ることです。

これこそが、私たちが作りたい宇宙の真の凹みであり、私たちを超えて続いてほしいものです。

私たちと一緒に、この未来の一部になりましょう。スターサイドで会いましょう。

PlayStation.Blogより引用 


さとぼん
さとぼん

現在開発している”Destiny 2″についての変更は特に問題はないとのことで、クロスプレイの対応を実現する目標も変わらないとしています。

しかしながら考えられるのは、2020年あたりから報じられているBungieの新規IPがPlayStationの独占タイトルになる可能性ですね。

タイトルとURLをコピーしました