「さとログ」へアクセスして頂きありがとうございます。仕事終了後~翌日にかけて記事を更新しています!!

“Infinity Ward”が「Call of Duty: Modern Warfare」の続編とゼロから再設計される「Call of Duty: Warzone」の開発をしている事が明らかに

先日、”Activision Blizzard”が第4四半期の決算発表にて2022年の新作の開発を担当するスタジオが”Infinity Ward”に決定したことを明らかになった”Call of Duty”ですが、新たに”Activision Blizzard”が公式サイトを更新し、2022年発売予定”Call of Duty”の計画について発表。2019年に発売された「Call of Duty: Modern Warfare」続編作品と、ゼロから再設計される「Call of Duty: Warzone」を開発していることが明らかにしました。

現在のところ対応プラットフォームについての発表はされていませんが、「Call of Duty: Modern Warfare」続編作品と、ゼロから再設計される「Call of Duty: Warzone」には新たなエンジンを採用することが明らかになっています。

2022年の「Call of Duty」の計画

最後に、2022年の”Call of Duty”の展望も覗いてみたいと思います。以下に追加情報を掲載しますので、ぜひご覧ください。

皆さん、風邪をひかないようにね。

  • 今年の「Call of Duty」は、2019年に発売された「Call of Duty: Modern Warfare」の続編です。
  • また、続編と共にと新たな「Call of Duty: Warzone」をゼロから一緒に設計しています。
  • 全く新しいプレイスペースと新しいサンドボックスモードを備えたバトルロイヤルの大規模な進化にご期待ください。
  • 新しい「Call of Duty」ゲームリリースとWarzoneの両方に新しいエンジンが搭載されています。
  • 新生「Call of Duty」と「Call of Duty: Warzone」の開発は、Infinity Wardが主導しています。

Call of Dutyより引用 

2019年に発売されたリブート版「Call of Duty: Modern Warfare」のローンチトレーラー

さとぼん
さとぼん

遂に2019年に発売された「Call of Duty: Modern Warfare」の続編を開発していることを正式に発表しましたね!!

「Call of Duty: Warzone」もゼロから再設計されるそうで気合が感じられます。

タイトルとURLをコピーしました