「さとログ」へアクセスして頂きありがとうございます。最近寒暖差が激しいので体調管理に気をつけてくださいね!!

アメリカ・イギリス手話に対応する「Forza Horizon 5」シリーズ5アップデートが配信開始

先月2月3日よりシリーズ4が開始され、中国語ボイスオーバーのローカライズと”Forza”シリーズ初となる”NIO EP9″などの中国の車両が追加された「Forza Horizon 5」ですが、新たに公式サイトを更新し、本日配信されるシリーズ5アップデートにて、シネマティックスのアメリカ手話(ASL)とイギリス手話(BSL)に対応されたことが明らかになりました。

今回のアップデートでは、アクセシビリティメニューにアメリカ手話(ASL)とイギリス手話(BSL)が追加されます。ゲーム中にASLまたはBSLの映像をピクチャーインピクチャーを使用して機能させるもので、プレーヤー自身で表示する場所や背景色を調整したりできるとのことです。

アメリカ手話とイギリス手話に対応した「Forza Horizon 5」の開発映像

また、アップデートには、シリーズ1とシリーズ2のデイリーチャレンジとトレジャーハントのポイントを過去にさかのぼって適用がされることや、Horizonツアーが過去のシリーズで減点される問題、オンラインレースでのヘッドライトの機能、カラーリングエディターのUIを見直し、交通量の同期などが改善されているそうです。詳しいアップデートの内容はリリースノートを確認してください。


さとぼん
さとぼん

シリーズ5のプレイリストでは、”KTM X-Bow GT4″、”Toyota 4Runner TRD Pro”、”Noble M600″、”Nissan GT-R NISMO (R35)”、”MINI Cooper S Forza Edition”が入手可能となっていて、カーパスには”Ford Mustang SVO”、”Toyota Tundra TRD Pro”、”Noble M400″、”Ferrari #25 Corse Clienti 488 Challenge”の4台の車が配信されるそうです。そして、今月後半には”Horizo​​n CustomsUpdate”と呼ばれるシリーズ6の詳細が発表されるとのことなのでお楽しみに!!

タイトルとURLをコピーしました