「さとログ」へアクセスして頂きありがとうございます。仕事終了後~翌日にかけて記事を更新しています!!

100人のアクションヒーローと100万体のゾンビが戦う「Ultimate Epic Battle Simulator 2」の新ゲームプレイ映像が公開

先月、発売日が発表され、現地時間5月12日に発売することが明らかになった、”Ultimate Epic Battle Simulator”の続編「Ultimate Epic Battle Simulator 2」ですが、新たに”Brilliant Game Studios”が本作の新たなプレイ映像を公開しました。

今回の映像では、射撃中にかわしながら完全移動する新ユニット”アクションヒーロー”を紹介しており、ジョン・ウィックに似た”アクションヒーロー”100体対100万体のゾンビが戦っています。”アクションヒーロー”は、高い警戒心と素早さを持ち、一人で数万人の敵を倒すことができるそうで、発射する弾は敵を貫通し、一発で数百人を倒すことも可能だとのこと。

100人のアクションヒーローと100万体のゾンビが戦う「Ultimate Epic Battle Simulator 2」の新ゲームプレイ映像

ゲーム

他にはないサンドボックスがここにある。制限のない大規模なバトルを創造してください。1万羽のニワトリがローマ軍と戦うのを見たいですか?もちろん、できます。

第二次世界大戦の米軍兵士の中隊が1万1000人の中世の兵士と戦うのを見たいですか?Epic Battle Simulatorで実現できる殺戮に限界はありません。膨大な種類のユニットをいじくり回してください。ローマのセンチュリオン、中世の兵士、騎士、オーク、トロール、そしてニワトリまで、あらゆるユニットが登場します。

このゲームの主な焦点は、プレイヤーにできることに制限を与えないことです。そのため、戦闘時のユニット数に制限を設けないことにしました。10万人規模の戦闘がどのようなものか見てみたいですか?1万を超えるのはあまりお勧めしませんが、CPUのことですから、お好きなようにどうぞ。その上、あなたはゲームに登場するどのユニットにもなりきることができ、間近で大規模な戦闘の流れを変える手助けをし、チームメイトを集め、指示を出すことができます。

テクノロジー

残念ながら、1万ものキャラクターを搭載し、かつ良好なパフォーマンスを期待できるエンジンはそう多くはありません。そのため、Unityエンジンの中で最もパワフルな群衆レンダリングシステムを開発するために、何ヶ月にもわたって作業を続けました。各キャラクターのディテールはパフォーマンスにほとんど影響を与えず、各個人は独立して行動しながらも、チームのために大きな利益を目指しています。各個人は自分の道を決め、複雑な環境をナビゲートします。

しかし、それだけにとどまりません。大規模なオープン環境では、Unityエンジンに組み込まれているものよりもダイナミックなライティングソリューションが必要でした。そこで私は、独自のダイナミックグローバルイルミネーションライティングエンジンを構築しました。これにより、完全にリアルタイムでバウンスライトが可能になりました。

どういうことでしょうか?つまり、光り輝くアーマーのひとつひとつが、周囲の環境を忠実に反映し、明るい表面は周囲を照らし、全体の照明に影響を与えるということです。

そうです、私はこのゲームに命を吹き込むために懸命に働きました!皆さんがこのゲームに殺戮を加えますように。

Steamより引用 

昨年公開された「Ultimate Epic Battle Simulator 2」のアナウンストレーラー

さとぼん
さとぼん

射撃中にかわしながら完全移動する新ユニット”アクションヒーロー”強そうですよね!!

ただ敵が100万人以上になったらどうなっちゃうのか気になりますよねwwwいくら頭が良くても数の暴力には勝てないと思うんですよね。

タイトルとURLをコピーしました