「さとログ」へアクセスして頂きありがとうございます。ゆっくりしていってね!!

「Call of Duty: Vanguard」のマルチプレイヤーフリーアクセスが発表、実施は5月19日から

先日、カルデラにゴジラとキングコングが襲来する期間限定イベント”オペレーション・モナーク”を開催した「Call of Duty: Vanguard」ですが、新たに”Activision”が公式サイトを更新し、日本時間5月19日からマルチプレイヤーモードを無料で開放するフリーアクセスを実施することが明らかになりました。

“Activision”によると、日本時間の5月19日から5月25日までの1週間、本作のマルチプレイヤーモードが無料開放され、シーズン3のローンチマップ”Mayhem”をはじめとする全てのマップとモードにアクセスできるようになるとのことです。

「Call of Duty: Vanguard」1週間無料アクセス

Vanguardマルチプレイヤーを5月19日から5月25日まで(日本時間)無料でプレイしましょう。全てのマップとモードが利用可能で、新マルチプレイヤーマップ”Mayhem”、”ARMS RACE”、”SHIP HAUS”などをお楽しみいただけます。

Call of Duty: Vanguard」の第3のシーズン「極秘兵器」では、ネビュラを利用した攻撃が全世界に及び、引き続き勢力の均衡を脅かしています。こちらに有利になるよう戦況を覆すには、可能な限り多くの支援が必要になります。

フレンドや仲間を誘って準備を整え、1週間の無料アクセス期間に展開しましょう。5月19日午前2時から5月25日午前1時まで(日本時間)開催されます。Vanguardマルチプレイヤーの全てをお楽しみください。無料アクセスのプレイヤーは、シーズン3のローンチマップ「Mayhem」をはじめとする全てのマップとモードを利用可能です。注目ポイントを見ていきましょう。

Mayhemで本番のアクションに臨もう

新マルチプレイヤーマップ「Mayhem」で1950年代の怪獣映画のセットを踏み荒らしましょう。マップ自体のレイアウトこそ小さいものの、この大都市の小規模なレプリカを舞台に戦う中で、自分が巨大になったかのように感じられるでしょう。マップ中央部で超高層ビル群に囲まれながら戦い、その外側では海のセットなどを通り抜けられます。  

反射神経とトロフィーシステムを活用しましょう。ここでは絶えず戦闘が発生するため、敵のグレネードを避けるよりは防御を固める方が目標に集中し続けることができます。マルチプレイヤーマップ「Mayhem」のガイドにアクセスして、その全容やお勧めのロードアウト、そして破壊の限りを尽くせるこの舞台で生き抜くヒントを見てみましょう。

ARMS RACEでAlpsを包囲しよう

無料アクセスのプレイヤーは、シーズン2で初登場した大規模マップで繰り広げられる目標達成型モード「ARMS RACE」で戦うこともできます。目標は全ての基地を確保して勝利することです。

オペレーターは確保した基地でリスポーンすることが可能で、購入ステーションにアクセスして火力や能力を追加することでツールの強化を行うことができます。目標を確保したり排除されたプレイヤーからキャッシュを回収して、武器、装備、キルストリーク、フィールドアップグレード、さらにカスタムロードアウトを購入することができます。

乗物を利用して、基地間を迅速に移動して、仲間のオペレーターを連れて敵の基地を包囲しましょう。攻撃に出向く際には自陣の防衛も忘れてはいけません。そして最初にネビュラドロップに辿り着き、主導権を握りましょう。攻守ともに最も上手く連携したチームが勝利を掴むでしょう。

定番ヒット: Dome、Castle、Radar、その他多数 

無料アクセスのプレイヤーは本格的にマルチプレイヤーを体験可能で、Call of Duty®の定番であるDome、Castle、Radar、Shipmentなどで白熱のバトルを展開できます。絶えず戦闘が発生し、クイックプレイフィルターを使用して独自のパラメーターを設定できるSHIP HAUSなどの小規模マップのプレイリストで、お好みのスタイルでプレイしましょう。

Vanguardマルチプレイヤー無料アクセスは5月19日から5月25日まで(日本時間)ご利用いただけます。プレイするには追加のダウンロードが必要になります。ファイルサイズに関する詳細はご利用のプラットフォームでご確認ください。

Call of Dutyより引用 

さとぼん
さとぼん

”Vanguard”マルチプレイヤーを体験できるそうなので、本作をまだプレイできていない方はこの機会にプレイしてみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました