「さとログ」へアクセスして頂きありがとうございます。仕事終了後~翌日にかけて記事を更新しています!!

“Capcom”が「バイオハザード RE:2」の累計販売販売本数1000万本達成を発表

先月、“Capcom”のオンラインショーケース”Capcom Showcase”にて「バイオハザード RE:3」、「バイオハザード 7」と共にPS5・Xbox Series X/S向けに発売を開始した「バイオハザード RE:2」ですが、本日”Capcom”がプレスリリースを発行し、累計販売販売本数1000万本達成したことが明らかになりました。

「バイオハザード RE:2」は1998年に発売された”バイオハザード2″を”Capcom”が自社で開発した”Re Engine”を採用し、最新の技術で刷新されたリメイク版で、ラクーンシティで起こった未曽有の生物災害からのサバイバル描いた作品となっている。

「バイオハザード RE:2」のローンチトレーラー

バイオハザード2は世界中で1000万ユニット以上を出荷しています–タイトルの着実なリリースとシリーズ全体の多面的な拡大は、主要なマイルストーンの達成につながります–

カプコン株式会社(カプコン)は本日、マルチプラットフォームタイトルのバイオハザード2が全世界で1,000万本以上を出荷したことを発表しました。

2019年1月にリリースされたバイオハザード2は、オリジナルの長年のお気に入り*を再考したものです。このタイトルは、最新の最先端技術によって可能になった新鮮なホラー体験、没入型の世界、ドラマチックなストーリーを提供することで、国際的なメディアから高い評価を得ました。発売後、カプコンは 『バイオハザード3』『バイオハザードヴィレッジ』など、シリーズから高品質なタイトルを次々とリリースし、デジタル販売を活用した柔軟な価格戦略を実行しました。さらに、同社は定期的なコンテンツリリース(本日7月14日にNetflixでストリーミングを開始した実写のバイオハザードシリーズなど)でブランド全体を宣伝し、バイオハザード2は世界中で1000万ユニットを超えます。

カプコンは、業界をリードするゲーム開発能力を活用することで、すべてのステークホルダーの期待に応えていきます。

*オリジナルのバイオハザード2は1998年1月にリリースされました。

製品詳細

1.タイトルバイオハザード2
2.ジャンルサバイバルホラー
3.プラットフォームPlayStation®5システム、PlayStation®4、XboxシリーズX | S、Xbox One、PC
4.リリース日PlayStation®4、Xbox One、PC:2019年1月25日
PlayStation®5、XboxシリーズX | S:2022年6月14日

※「プレイステーション」はソニー・コンピュータエンタテインメント株式会社の登録商標です。

* Xbox One、Xbox Series X、Xbox Series S、およびXbox Series X | Sは、Microsoftグループ企業の商標です。

バイオハザードシリーズについて:

バイオハザードシリーズは、プレイヤーが恐ろしい状況から逃れるためにさまざまな武器やその他のアイテムを利用するサバイバルホラーゲームを特徴としています。シリーズのゲームの累計出荷台数は、1996年に最初のタイトルがデビューして以来、現在1億2500万本を超えています。現在、25年以上経った今でも、シリーズは熱狂的な世界的なファン層を維持し続けています。

プレスリリース 


さとぼん
さとぼん

「バイオハザード RE:2」約3年半で1000万本おめでとうございます!

また、PlayStation StoreやNintendo Store、Steamにて”バイオハザード”シリーズ作品のセールが開始されていますので気になる方はPortalサイトをチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました