「さとログ」へアクセスして頂きありがとうございます。仕事終了後~翌日にかけて記事を更新しています!!

“OlliOlli”シリーズを手掛けた”Roll7″の新作アクションシューティング「Rollerdrome」の楽曲制作の様子を紹介する字幕入り開発映像が公開

先日、PlayStation Plus加入者とSteam向けに期間限定セール価格で発売することが明らかになった、OlliOlli”シリーズを手掛けた”Roll7″のアクションシューティング「Rollerdrome」ですが、新たに”SIE”が本作の楽曲制作の様子を紹介する日本語字幕入り開発映像を公開しました。

開発映像では、「Rollerdrome」の楽曲を担当しているコンポーサーのElectric Dragon氏が登場し、本作の楽曲について紹介しており、今まで自ら制作してきたSynth Waveから70年代のテイストを生み出し、あえてアナログの機材を使って温かみのある音を再現しているとインタビューで話しています。

Electric Dragon氏の楽曲について紹介する「Rollerdrome」の開発映像

「Rollerdrome」は、2030年の未来を舞台にローラースケートを装備して戦う過激なブラッドスポーツ”ローラードローム”の選手となり、スタイリッシュなトリックとスローモーションキルを組み合わせ、ラウンドを勝ち抜くことが目的となり、敵の攻撃をタイミングよく回避することでスローの状態”Super Reflex”モードを発動させ相手を倒しコンボをつなげたり、トリック難度が応じて弾薬数が増えたりする今までにないシューティングゲームとなっています。

「Rollerdrome」

『ローラードローム』は、シングルプレイヤーの三人称アクションシューティングです。流れるようなモーションと激しいバトルの融合が、他に類を見ないアクション体験を生み出します。このアドレナリン全開のアクションシューティングでは、キルによってヘルスを回復し、トリックやグラインドを繰り出すことで弾薬を手に入れることができます。シネマティックに描かれるバトルを、直感的に、そしてスタイリッシュに戦い抜きましょう。

時は2030年。企業が世界を支配し、虚構と現実の境界があいまいになった時代。人々は過剰な残虐性と暴力に満ちた新たなスポーツ「ローラードローム」に熱狂していた。激闘を制してローラードロームリーグのチャンピオンになり、謎に包まれたマッターホルン社の真の狙いを暴くことができるのか?

『ローラードローム』は、「OlliOlli(オリオリ)」シリーズで数多くの賞を受賞し、高い評価を受けている「Roll7」が送る、レトロフューチャーな世界を舞台にした大興奮のスケーター・シューティングです。

主な特徴:

  • 他に類を見ない三人称アクションシューティング – 流れるようなモーション、激しいバトル、そしてトリックシステムをチャレンジングに融合させた、独創的なスケーター・シューティングです。
  • スキルトライアル – ローラードロームトーナメントに出場して、オリジナリティあふれるチャレンジに挑戦しましょう。フィールドでの優位性をオンラインリーダーボードによって確かなものにし、究極のスキルとスピードが求められる、アンロック方式の「アウト・フォー・ブラッド」モードで自分の限界に挑みましょう。
  • オリジナルのアイデンティティ – 時代を象徴するサウンドや音色を最先端のプロダクションと融合させ、残虐性の裏にある胸の高まりを表現した、完全オリジナルのサウンドトラックは、コミックにインスパイアされた独自のアートスタイルでゲームに命を吹き込みます。
  • 邪悪な陰謀 – 緻密に作り上げられたレトロフューチャーの世界で、謎に包まれた邪悪な陰謀を暴いてください。

Steamより引用 


さとぼん
さとぼん

私、Synth WaveとかRetro Waveは大好物なジャンルなので、Electric Dragon氏の音楽をちょっと検索してみたんですけど、メチャクチャクールでかっこいい~。

ゲームのビジュアルもレトロフューチャーな感じなのでこういったジャンルはすごく合うと思います!!

タイトルとURLをコピーしました