「さとログ」へアクセスして頂きありがとうございます。仕事終了後~翌日にかけて記事を更新しています!!

“Codemasters”がシリーズ最新作「F1 22」に2回に分けて試験的なクロスプレイテストを実施

先日、全モードでコースに”ポルティマオ”の追加やスロットルレスポンスの向上を含むアップデート1.07が配信された”F1″シリーズ最新作「F1 22」ですが、新たに”Codemasters”が公式サイトを更新し、8月末のクロスプレイ導入に先駆けて本作に試験的にクロスプレイを実装したことが明らかになりました。

“Codemasters”によるとクロスプレイテストは、日本時間の8月5日午前8時~7日午後8時、12日午後8時~14日午後8時の2回に分けて実施され、PlayStation・Xbox・PCのすべてのハードで参加することが出来るとのことで、ソーシャルプレイと2プレイヤーキャリアをクロスプレイでプレイ可能となっているそうです。

クロスプレイがF1® 22に登場

シリーズ史上初のクロスプレイが今週、F1® 22に登場します。

今週、シリーズ史上初、F1® 22にクロスプレイが導入され、プレイヤーはすべてのプラットフォームで最速のモータースポーツレースをお楽しみいただけます。

8月末のクロスプレイ完全導入に先立ち、8月5日~7日、8月12日~14日の2回に分け、クロスプレイのトライアルが実施されます。PlayStation®5、PlayStation®4、Xbox Series X|S、Xbox One、PC(Steam & Origin/EA Play)のいずれでも、ソーシャルレースと2プレイヤーキャリアモードに参加することができます。

トライアルの日時は?

セッション1:8月5日(金)午前11時UTC~8月7日(日)午後11時UTC*
セッション2:8月12日(金)午前11時UTC~8月14日(日)午後11時UTC

トライアルの時間帯は変更される場合があります。その場合は、 EAヘルプでお知らせいたします。

クロスプレイを利用できるモードは?

クロスプレイは、ソーシャルプレイと2プレイヤーキャリアで利用可能です。

クロスプレイトライアルに参加するには?

クロスプレイトライアルに参加するには、ゲームオプション→設定メニューでクロスプレイを有効にする必要があります。Xboxでは、アカウント設定でクロスプレイを有効にする必要がある場合があります。詳細は、こちらをご覧ください。

クロスプレイを有効にした後、ソーシャルレースを選択すると、すべてのプラットフォームで他のセッションを招待したり参加したりできます。クロスプレイを無効にすると、自分の家庭用ゲーム機(PlayStation®5やPlayStation®4など)とのみマッチングします。

フレンドハブでは、保留中のフレンドリクエストやセッションへの招待を確認できます。また、フレンドを検索して追加したり、最近対戦したフレンドを追加することもできます。フレンドハブは、メインメニューで左のサムスティック(またはキーボードのF10)をクリックし、フレンドオプションを選択することでアクセスできます。

セッションのホストとして、他のプラットフォームからロビーに招待するには、ロビーのフレンド招待オプションにアクセスし、そこから招待しましょう。フレンドハブを通じて招待を受け取ります。


ゲームに問題やバグが発生した場合は、チームのメンバーが調査しますので、 Answers HQ にてご報告ください。また、今後の調整と変更を追跡できるコミュニティで提起された問題のスレッドは こちらでご確認いただけます。

TwitterInstagramTikTok、公式YouTubeチャンネルをフォローして、すべてのアップデート情報をゲットしましょう。

*最初のクロスプレイトライアルでは、フレンドハブの「招待とリクエスト」画面で「プレイヤー検索」を使用した後にクラッシュが発生することがあります。クラッシュの可能性を減らすため、検索後にゲームを再起動することをお勧めします。

F1 22より引用 


さとぼん
さとぼん

試験的なクロスプレイということで、カスタムゲーム作成してフレンドを招待しようと同じプラットフォームのフレンドも表示されなくなってしまうバグがあるようで、まだまだ安定している状態ではない感じみたいです。

第1回テストは8月7日まで実施され、第2回まで5日間空くようなのでそこで”Codemasters”が修正を入れてくれるかもしれないですね!!

タイトルとURLをコピーしました