「さとログ」へアクセスして頂きありがとうございます。仕事終了後~翌日にかけて記事を更新しています!!

PlayStation版「Call of Duty: Modern Warfare II」ベータのパフォーマンス比較映像が公開、解像度、テクスチャー、リフレクションなど

先日よりPlayStation独占の第1週目ベータが実施されている「Call of Duty: Modern Warfare II」ですが、新たにゲーム比較動画をあげている”El Analista De Bits“が、現在配信されているPlayStationベータのパフォーマンスを比較する映像を公開しました。

動画では、PS4・PS4 Pro・PS5の解像度、テクスチャー、リフレクション(水面の反射)、影、アンビエントオクルージョン(遮蔽表現)、異方性フィルタリング(奥行き斜め方向のチラツキ抑制)、描画距離、フレームレートなどを確認できます。

PS4・PS4 Pro・PS5版「Call of Duty: Modern Warfare II」ベータの比較映像
PS4: ダイナミック 1920×1080/60fps PS4 Pro: ダイナミック 2688×1512/60fps PS5: 3840×2160 /60fps
テクスチャー
リフレクション(水面の反射)
影の表現
異方性フィルタリング(遠くのオブジェクトのシャープさ加減)
PS4のフレームレート:視覚効果や敵からダメージを受けた際に低下がみられる
PS4 Proのフレームレート:58~60辺り、PS4よりも安定している様子
PS5のフレームレート:60に張り付いている

さとぼん
さとぼん

PS4とPS4 Proのパフォーマンスは、2019年の”Modern Warfare”に似ており、PS4のフレームレートが攻撃・視覚効果などを受けた時に低下してしまう感じですね。

まだベータの段階なので10月28日の発売日までに修正が入る可能性もあると思います!!

タイトルとURLをコピーしました