「さとログ」へアクセスして頂きありがとうございます。仕事終了後落ち着いてから翌日にかけて更新中!!

「Path of Exile」の”The Forbidden Sanctum”拡張が12月9日に配信決定、アナウンストレーラーも

先月、新拡張”The Forbidden Sanctum”の情報を公開するライブストリームの配信を告知した「Path of Exile」ですが、新たに”Grinding Gear Games”が予定通りライブストリームを配信し、”The Forbidden Sanctum”拡張を日本時間12月9日午前4時に配信することが明らかになりました。なお、Xbox・PlayStation向けは14日に配信予定となっています。

配信日の発表に併せて、新拡張を新たなコンテンツを紹介する字幕入りトレーラーが公開されています。

「Path of Exile」”The Forbidden Sanctum”拡張を紹介するアナウンストレーラー

“The Forbidden Sanctum”拡張では、フェルシュライン遺跡の地下に隠された古代テンプラーの隠れ家、”The Forbidden Sanctum”(禁じられた聖域)が舞台の新たなコンテンツ”Sanctum”が追加されるほか、新チャレンジリーグ、新スキルジェム/ヴァールスキルジェム、新ユニークアイテム、アイテムの減少・クラフトが制限される新ゲームモード”Ruthless”、ゲームバランス調整が含まれています。詳細は以下の通りです。

「Path of Exile」”The Forbidden Sanctum”拡張が12月9日に配信決定

“The Forbidden Sanctum”拡張では、サンクタムの危険なホールを進むにつれて、あなたの決断力が試されることになります。サンクタムでは、あなたが下す決断のひとつひとつが大きな犠牲となり得ます。

12月の拡張では、サンクタムのチャレンジリーグと「Path of Exile」のエンドゲーム改善が行われ、2つの新しいスキルジェム、7つの新しいヴァールスキルジェム、15以上の新しいユニークアイテム、ジュエル、ヘックス、モンスターモディファイア、ユニーク武器などに大きなバランス変更が行われます。また、「Path of Exile」の新たな遊び方として、極限状態の”Ruthless”をオプションで導入することも決定しています。

挑戦する勇気

このリーグでは、フェルシュライン遺跡の地下に隠された古代テンプラーの隠れ家、”The Forbidden Sanctum”(禁じられた聖域)を発見することができます。長い間放置され、現在は悪意のある存在によって支配されているため、秘密を解き明かし潜む邪悪な存在に対処しなければならない。

覚悟を決めろ

サンクタムに入るとマップを発見し、その先にあるいくつかの部屋を知ることができます。部屋の詳細や報酬はほとんど表示されないため、ミスをするたびに”Resolve”(決意)が鈍るので、慎重に計画を立てる必要があります。”Resolve”(決意)がなくなると、サンクタムへの出撃は終了します。サンクタムに入るたびに、4つのフロアでより遠くへ挑戦することになります。

適応するか死を選ぶか

サンクタムの部屋には多くの秘密が隠されています。ある部屋には古代の泉があり、そこで休むと”Resolve”の一部を取り戻せます。また、ある部屋では”Curse”(呪い)がかけられており、探索の妨げになる。これらは、サンクタムの奥深くまで探索すればするほど、スタックしていきます。また、サンクタムの危険性を克服するための”blessing”(祝福)を受けることもできます。サンクタムでは、毎回ユニークなレイアウトが用意されており、それを見極めながら探索を進めていくことになります。

代償を払え

サンクタム内部には、テンプラーが商業に使用していた通貨、アウレウスと呼ばれる金貨があります。宝箱の中に入っていたり、モンスターを倒したときに落ちていたりします。この金貨はサンクタムのものであり、手元には残りませんが、時折出会う商人と交換することができます。アウレウスは時期がくれば重要な”blessing”(祝福)の購入に使えるので、賢く使いましょう。

人生を賭けろ

サンクタムを支配する邪悪な力は、時折”Accursed Pact”(呪われた盟約)を提示することがあります。これらの盟約は強力な利益をもたらすが、その代償は危険である。盟約はあなたを大いに誘惑するが、慎重に選択しなければならない。その結果、サンクタムでの生活に終止符が打たれることもあれば、成功の転機となることもある。

収穫するか嘆くか

サンクタムの多くの部屋では、通貨アイテムを選択することができます。今、報酬を受け取ることもできますし、後でさらに大きな報酬を約束された上で、それを置いていくこともできます。報酬の受け取りを現在のフロアの最後、あるいはサンクタム全体の最後に延期すると、大きなリスクを伴って報酬がアップします。もしこのゴールに到達する前に”Resolve”(決意)が尽きたら、賭けたものをすべて失うことになる。リスクを冒してでも、大きな報酬を得られる可能性があると自分を信じるか。それとも、安全策をとって、今あるものを手放しますか?

テンプラーの遺物を発見しろ

サンクタムを探索すると、テンプラーの遺物を置くことができる特別な祭壇を発見することができます。この聖遺物は、サンクタムでより強力な力を発揮し、何度でも使用することができます。このパワーが持続することが、サンクタムの保管庫の奥へ進むための鍵となるのです。遺物が増えてきたら、自分に最も有利かを判断し、祭壇の配置を決める必要があります。

また、非常に稀ではありますが、キャラクターのビルドに直接影響を与える”Sanctified Relic”を発見することもあります。使用できるのは1つだけですが、その効果はサンクタムの壁の向こう側にも残り、プレイヤーにテンプルの力を授ける。

サンクタムの守護者を倒せ

“The Forbidden Sanctum”(禁じられた聖域)には、ランダムで出現するミニボス、各階の最後に登場するボス、そして聖域を支配する存在との究極の対決など、多くのボスが存在する。これらの戦いでは、レリック、大量のアウレウスコイン、大量の経験値、新しいユニークアイテムなど、貴重な報酬を得ることができます。

アトラスエンドゲームの探索

アトラスのパッシブツリーを改良し、マッピングとボス討伐の間でリスペックを行う必要がなくなり、プレイヤーが楽しめるコンテンツにさらに集中できるようになりました。ドミネーションとベスティアリーをテーマとした2つの新しいアトラスメモリーを追加し、9つの新しいビーストクラフトレシピを含みます。また、”Eldritch Altars”(エルドリッチの祭壇)のバランスを調整し、メイヴンが目撃したマップボスを”Awakened Gems”(覚醒ジェム)の供給源にしました。

強力なジェムを利用しろ

“The Forbidden Sanctum”拡張では、2つの新しいスキルのジェムと7つの新しいヴァ―ルのジェムが導入されます。”Volcanic Fissure”は、地面を叩いて裂け目を作り、地面に叩きつけると爆発する火のような弾丸を噴出させながらターゲットに向かって風を送る、新しい火のようなスラム・スキルです。”Frozen Legion”は、武器によるダメージを利用して攻撃する氷の彫像の輪を作り出す呪文です。これらの氷の彫像は、重なり合うように氷の斬撃を行う。

新たなユニークアイテムを探せ

“The Forbidden Sanctum”(禁じられた聖域)、Wraeclast、Atlasに15以上の新しいユニークなアイテムが登場します。また、既存の10種類のユニークウェポンの威力とレアリティを大幅に引き上げ、「Path of Exile」を象徴するユニークアイテムに匹敵するものになりました。

アーキネメシスにサヨナラを

ArchnemesisのモンスターMODシステムは、「Path of Exile」の初期モンスターMODにより近く、バランスと効果が近代化されたシステムに置き換えられました。このシステムは合理化され、各モディファイアは1つの特定のことだけを行い、それが何を行うかを正確に説明するようになりました。興奮するようなモディファイアの組み合わせに遭遇することはありますが、これらは以前よりも稀で、戦闘中に理解しやすくなっています。レアモンスターの報酬の変更により、特定のモンスターの改造を行うために、魔法の発見物収集キャラクターを召喚する必要がなくなりました。

無慈悲になれ

新しいゲームモードで”Ruthless”は、アイテムの減少・クラフトが制限・サポートジェムがドロップののみに制限されたりと、難易度は高いモードですが、その難易度を乗り越えることで大きな報酬を得ることができます。

キャラクター作成時に、”Solo Self-Found”、”Hardcore”と並んで追加フラグとして選択することでアクセス可能になります。

Path of Exileより引用 


さとぼん
さとぼん

トレーラーに日本語字幕が用意されていてうれしい!!

新コンテンツ”Sanctum”は、死なないように”Resolve”(決意)を確保しつつ、サンクタムの深部への探索を阻害する”Curse”(呪い)を克服するための”blessing”(祝福)を用意する必要がある感じでしょうか。

アイテムの減少・クラフトが制限等がある新ゲームモードで”Ruthless”は、集中しないとですね!!

タイトルとURLをコピーしました