「さとログ」へアクセスして頂きありがとうございます。最近寒暖差が激しいので体調管理に気をつけてくださいね!!

“Team17″が「Hell Let Loose」IPの買収を発表

2019年に早期アクセスタイトルとして発表され、昨年10月にはPS5、Xbox Series X/S向けにも発売された、第二次世界大戦を舞台にしたハードコアなFPSゲーム「Hell Let Loose」ですが、ゲームのパブリッシャーである”Team17″がプレスリリースを公開し、開発元の”Black Matter”から本タイトルを約4200万ドルで買収し、IPを獲得したことを発表しました。

“Team17″のCEOのMichael Pattison氏

「Hell Let Loose」のIPを取得することを発表できることを嬉しく思います。”Hell Let Loose”は、600万人以上のプレイヤーが参加する非常に情熱的で熱心なコミュニティによって支えられ、急速に信頼性の高い革新的なマルチプレイヤー戦術的ファーストパーソンシューターとなりました。”Black Matter”とはすでに密接で非常に生産的な関係を築いており、”Hell Let Loose”を”Team17″の傘下に入れることで、増え続けるコミュニティのニーズに応え、既存のプレイヤー体験を改善・拡大し、楽しさと喜びを与える新しい方法を開発できると信じています。我々は、「Hell Let Loose」が大規模チームベース軍事シミュレーションの決定版となることを確信しています。

Black Matter Studiosの創業者兼CEOのMax Rea氏

これは私たちのファンにとって素晴らしい機会であり、ブランドとしてのHell Let Looseの発展における論理的な次のステップアップです。Team17は、複数のプラットフォームで展開する私たちのブランドとコミュニティを、私たちと同様に愛してくれています。私たちは、過去数年にわたり、Team17の良き友人たちと非常に緊密に協力してきました。この買収は、私たちが非常に情熱的なコミュニティに素晴らしいコンテンツをさらに提供し、将来的に参加し楽しませるための新しい方法を見つけることができる、次の論理的ステップであると固く信じています。

プレスリリース 

「Hell Let Loose」のトレーラー

さとぼん
さとぼん

開発元の”Black Matter”は引き続き「Hell Let Loose」を”Team 17″と協力して開発するとのことです。

タイトルとURLをコピーしました