「さとログ」へアクセスして頂きありがとうございます。仕事終了後~翌日にかけて記事を更新しています!!

協力プレイやインタラクトの問題などを修正する「Dying Light 2: Stay Human」の修正パッチが近日配信予定

先日、PS4とPS5、Xbox OneとXbox Series X/S、PC向けに発売が開始された「Dying Light 2: Stay Human」ですが、新たに本作のバグを修正するパッチを近日中に配信することを明らかにしました。

“Techland”のリードデザイナーTymon Smektala氏が、Twitterにて、まもなく配信されるパッチついてツイートし、明らかになったもので修正点について解説しています。

修正パッチについて

  • 協力プレイ
    • 問題は異常な需要によって生じていたとしており、パートナー(Epic/Microsoft/Sony)と話し合い、サーバーの詰まりを解消させるとのこと。
  • PS5版のちらつきの問題
    • 近日中にパッチで修正予定(日付は未定)。解決策として別の設定を使用することを挙げています。
  • 実績
    • 近日中に配信されるパッチ適用後に、見逃した実績を獲得できる(日付は未定)
  • NPCなどのインタラクトボタンがない
    • ゲームプレイ中稀に発生する問題。解決策として、助けを求めたり、救難信号を使うことが挙げられています。
  • その他
    • 視野角とモーションブラーの設定も追加される予定。

また、PC版のマウスとキーボードのバインド問題に関する設定の映像を公開しており、こちらも修正を予定しているとのことです。

PC版のマウスとキーボードのバインド問題に関する設定の映像

20年以上前、ハランで人類はウイルスと戦い、そして負けた。今、我々は再び敗北に直面している。人類最後の大規模移住地の1つ、「シティー」は争いによって分裂し、文明は再び暗黒時代へと逆戻りしてしまった。それでも人類には、希望がある。さすらい人の君にはシティーの運命を変える力がある。ただしその並外れた能力には大きな代償が。解釈不可能な記憶に悩まされる君は、真実を探し求め…気がつけば作戦地帯にいた。腕を磨いて敵を倒し、味方を作ろう。頑強な拳と機転が必要だ。権力を振りかざす者の裏に隠された邪悪な秘密を解き明かし、どちら側につくかを見定めて、己の運命を切り開け。ただし自ら取ったアクションの行く末がどこであれ、決して忘れてはいけないことが1つある。それは、人間であること。

■広大なオープンワールド
ダークな新時代に飲み込まれた都市の生活を体験しよう。数々の高低差やスポットを探検しながら、異なる道や隠れ通路を発見しよう。

■創造性に富んだ容赦なき戦い
パルクールスキルを駆使してどれほど強大な敵と対峙する局面も有利に変えよう。罠や工夫をこらした武器が一番の味方になる。

■昼と夜のサイクル
夜になるのを待ち、ゾンビの暗い隠れ家に潜入しよう。太陽の光はゾンビを寄せ付けないが、日が沈むとモンスターは巣から出て自由にさまよい、狩りを開始する。

■選択と結末
シティーの運命は君の行動によって形作られる。増え続ける争いのなか選択をすることでパワーバランスを決定して、自分だけの体験を生み出そう。

■2~4人用協力プレイ
最大4人の協力プレイが可能。自分でゲームを主導、または他のプレイヤーのゲームに参加して、自分とは違う選択がストーリーをどう展開させるか見届けよう。


さとぼん
さとぼん

修正パッチは近日配信予定だそうです。

配信によって快適にゲームがプレイできるようになると良いですね!!

タイトルとURLをコピーしました