「さとログ」へアクセスして頂きありがとうございます。仕事終了後~翌日にかけて記事を更新しています!!

“Valve”の携帯型ゲーミングデバイス「Steam Deck」で検証済みのプレイ可能なゲームが1000タイトルを突破

先月、25日に予定通り海外向けの発売が開始された”Valve”の携帯型ゲーミングデバイス「Steam Deck」ですが、新たに”Valve”がSteamページを更新し、本デバイスで検証されたゲームが1000タイトルを突破したことを発表しました。

”Valve”は、”検証済み”について、基本的にすべてが正常に動作し、すべてのUI要素が正しいコントロールスキームに一致しつつ、ゲームが完全に動作することを意味していて、”プレイ可能”は、追加入力が必要であったり、間違った入力アイコンが表示される等のいくつかの問題を除いて、Steamデッキでプレイできるタイトルを意味していることを説明しています。

「Steam Deck」で検証済みのプレイ可能なゲームが1000タイトルへと増加中

こんにちは

今週はご想像の通り、エキサイティングな1週間でした。最初のSteam Deckがお客様の手元に届いただけでなく、昨日、また新たな閾値を超えました。この機会に、検証済みの数字が意味するもの、現在と未来の両方についてお話ししたいと思います。

その意味するところ

互換性の評価数について話すときはいつでも、これはほんの一瞬のスナップショットであり、評価は時間とともに変化することを強調します。これを読んでいるときでも、パートナーはコントローラーサポートの追加、デッキでのアンチチートの有効化、およびデッキでのプレーヤーのエクスペリエンスのスムーズ化に取り組んでいます。同時に、一部のゲームで問題を引き起こすプロトンのバグを毎日修正し、他のゲームをサポートするための新しい機能を追加しています。

この作業が行われているため、検証済みまたは再生可能な評価を取得するためのタイトルの既存の基準は非常に高くなっています。ゲームが99%の確率でコントローラーのグリフを表示しているが、ゲームプレイ中に「Fキーを押す」ように指示された場合、それはプレイ可能であり、検証済みではありません。ゲームの機能の99%にアクセスできるが、オプションのゲーム内ミニゲームにアクセスするとクラッシュする場合、または1つのチュートリアルビデオがレンダリングされない場合、それはサポートされていません。

今のところ これは意図的なものです。発売時期が近づくと、誤検出(「このゲームは動作確認済みだが、一部が動作しない」)を防ぎ、誤否定(「このゲームは非サポートだが、何も問題があるとは思わなかった」)が多少発生しても価値があると考えたのです。現在の基準でも、当社とパートナー各社が改善を続けているため、今後数週間で多くのタイトルがプレイ可能、あるいは非サポートから検証済みに移行することが予想されます。また、発売後、お客様や開発者の方々から多くのフィードバックをいただく中で、私たちの基準や考え方が調整されていくことも予想されます。

開発者向け新機能

開発者の皆様がタイトルとSteam Deckの互換性について、直接お客様とお話ができる新機能を導入しました。Rimworldの例では、プレイアブル互換性の詳細に、RimworldをSteam Deckでより良く動作させるために行っている作業の概要を説明したブログ記事への直接リンクが含まれています。

ご意見をお聞かせください
デッキが出荷されたことで、私たちは非常に喜んでいます。なぜなら、実際の顧客が交流して初めて、私たちは本当のフィードバックとデータを得ることができるからです。私たちはデッキ検証プログラムを構築するために懸命に働いてきましたが、今、皆さんが実際にデッキをどのように使っているかに基づいて改良を加えることができることに興奮しています。そのためにも、プログラム全体、または個々のタイトルについて、引き続きご意見をお聞かせください。

それでは、2,000本目のタイトルでお会いしましょう。

Steamより引用 

「Steam Deck」のローンチトレーラー

さとぼん
さとぼん

これからどんどんプレイ可能なタイトルが増えていくと思うので、日本で発売される時には、沢山のゲームが対応していると良いですね!!

PCはわざわざ電源つけないといけないから面倒という人もDeckが手に入ったら、気軽にゲームを起動して遊ぶことができるので早く発売してほしいですね。

タイトルとURLをコピーしました