「さとログ」へアクセスして頂きありがとうございます。仕事終了後~翌日にかけて記事を更新しています!!

シリーズで最も豊富なカスタマイズを紹介するリブート版「Saints Row」のトレーラーが公開、服装・体・武器・車両・本部までカスタマイズ

先日、”Koch Media”がゲーム内のカスタマイズについて焦点を当てるショーケース放送が、日本語字幕に対応することを発表したリブート版「Saints Row」ですが、新たに”Volition”がショーケース放送を実施し、以前から開発陣が言及していた”シリーズでもっとも豊富なカスタマイズ”を紹介する日本語字幕入りのトレーラーが公開されました。

トレーラーでは、シャツやズボン・靴に帽子・更には下着までもコーディネートできる服装、キャラクターの髪型、光沢・傷・血管・筋肉量まで変更可能なボディエディット機能、パーツ・色を選んでカスタム可能な車両や素材・色・テクスチャー・シールで自分好みに変更可能な武器、本部の改装などなど最新作の自由度の高さを確認できます。

豊富なカスタマイズオプションを紹介するリブート版「Saints Row」のトレーラー

しかし今回のショーケース放送では、日本語字幕が間に合わなかったようで、”Koch Media”は、近日中に日本語字幕付きの放送を再度配信するとツイートしています。

本日放送された「Saints Row」ショーケース放送のアーカイブ

身体こそが全て

自分の身体、理想の身体、逆にいらない身体…

ボスを作るにあたって、まずは身体を作らなきゃならない。身体がなければ大暴れしながら走り回ることもできないし、最高にイケているオシャレもできないし、もちろん犯罪もできない。想像力を働かせれば、大体の体系は作れる。

身体はボスの基礎になるため、自分がどんな人物(あるいは怪物)になりたいかじっくり考えておこう(もちろん、勢いで作ってもいい)。これが、ゼロから自分を興したボスになるための第一歩だ。

さっそくボスを自分らしく作るための方法を見ていこう。デフォルト設定じゃつまらないだろう?

ボスの体型は、三角形のゲージを調整して作る。細身から筋肉質まで調整可能だ。シェイプのスライダーで肩と腰の大きさを調整し、ボスのシルエットを決めよう。性別による括りや制限はない。今どき二元的な価値観は流行らないからな!

スキン・タイプの選択肢もたっぷりあり、ベースのスキンはすべて色合いを調節できるので、好きな色をかぶせて理想の肌色を作り出せ。高度なオプションでは皮膚の素材感も設定でき、人ではない存在も作れるようになっている。ゲーム内で報酬を獲得していくにつれ、外見も凝れるようになっていき、その気になれば溶岩やギャラクシースキンも選べるようになる。今回は白斑のスキン・タイプも選べるようになっている。

ボスはジムで鍛えるタイプ?それとも隣のFBにまっしぐらか?バックストーリーに合わせて筋肉の鮮明度と血管の目立ち方を決めよう。表面ツールを使って肌の質感、色、メタリック感、ツヤなどを変更でき、自分ならではの表現を追求することもできる。

また、シリーズで初めてボスに体毛を追加する機能が実装される。これは過去にMODコミュニティが追加したもので、今回公式に採用された。モジャモジャなボスを作ることも、ワックス脱毛したてのツルツルにすることもできる。体の傷でも個性を表現できる。擦り傷、切り傷、縫い傷と幅広く揃っているだけでなく、頭、腕、胴体、背中、脚にタトゥーもつけられる。

胸部と股間の大きさも過去作同様カスタマイズ可能だが、今回は「モデスティー」オプションが追加され、下着を着けるか否かが選べるようになっている。裸の上に服を着てもいいし、恥ずかしいなら様々なエモートで隠すこともできる。(改めて言っておくが、全裸にはなれない。そこは自分の想像力で補ってくれ)

さらに、腕や脚の義肢も選べるようになっている。様々な色や素材のブレードやシェルが揃っているぞ。

今回のとてつもない数のカスタマイズ・オプションを使って、みんながどんなキャラクターを作り出すのかが楽しみだ。

*もちろん、そういうのが好きならやるといい。普通は悪いことじゃない! 😉

Saints Rowより引用 


さとぼん
さとぼん

アメリカ南西部の中央に位置する架空の都市サント・イレソでは、誰もがボスであり自由自在ということですね!!

これは面白くなりそうですwww

タイトルとURLをコピーしました