「さとログ」へアクセスして頂きありがとうございます。最近寒暖差が激しいので体調管理に気をつけてくださいね!!

“Ebb Software”のグロテスクなホラーADVゲーム「Scorn」の新たなティザー映像が公開、スクリーンショットも

昨年12月に、新たな発売日を2022年10月に決定した”Ebb Software”が手掛ける一人称ホラーADVゲーム「Scorn」ですが、新たに”Ebb Software”が公式Twitterにて本作のティザー映像を公開しました。また、”inXile entertainment”は、”Unreal Engine 5″によって不気味な雰囲気を醸し出したスクリーンショットを公開しています。

新たに公開された「Scorn」のティザー映像
“inXile entertainment”が公開した「Scorn」のスクリーンショット

「Scorn」

『Scorn』は、奇妙な形と陰鬱なタペストリーが織りなす悪夢のような宇宙を舞台にした、雰囲気たっぷりの一人称視点のホラーアドベンチャーゲームです。
このゲームは、「世界に放り込まれる」というアイデアを中心にデザインされています。この夢のような世界の中で孤立し、迷子になりながら、相互につながったさまざまな地域をノンリニアに探索していきます。不安定な環境は、キャラクターそのものです。
すべての場所には独自のテーマ(ストーリー)、パズル、キャラクターが存在し、まとまりのある世界を作り上げるのに欠かせません。ゲームの中では、新たなエリアを開拓し、さまざまなスキルセットや武器、さまざまなアイテムを手に入れ、目の前に広がる光景を理解しようとします。

貫性のある “生きた “世界

Scornは、様々な地域が相互に接続されたオープンエンドの世界が舞台です。各地域は迷路のような構造になっており、様々な部屋や道を発見することができます。すべてのストーリーテリングはゲーム内で行われ、息づく世界の悲惨な現実から目をそらすようなカットシーンはありません。不安な旅の途中で何か重要なものを見落としても、ゲームは同情してくれません。すべてに理由と目的があり、それを見極める必要があるのです。

全身を意識する

プレイヤーは、キャラクターの体や動きを意識することで、より良い没入感を得ることができます。物が宙に浮いているのではなく、手で拾ったり、機械や器具を掴んで操作したりと、世界とのインタラクションがリアルになります。

インベントリと弾薬の管理が定義

これは、ゲーム全体を通して、プレイヤーをさらに意識的な状態に保つために大きな役割を果たします。プレイヤーは、いつ戦うべきか、いつ身を隠すべきか、自分の行動が周囲の世界にどのような影響を与えるかを考えなければなりません。進むためには、さまざまなプレイスタイルが必要になります。

Steamより引用 

2020年に公開された「Scorn」のゲームプレイトレーラー

さとぼん
さとぼん

詳しい発売日については明らかになっていない上、本作のゲームの設定についてもほとんど発表されていない謎が多き作品ですが、6月に放送される

Xboxのショーケース放送で明らかになるかもしれないですね!!

タイトルとURLをコピーしました