「さとログ」へアクセスして頂きありがとうございます。ゆっくりしていってね!!

期待の続編「God of War Ragnarok」が韓国のレーティング審査を通過

God Of War Ragnarok

先日、新たに実装されるアクセシビリティ機能についての情報を公開された”God Of War”の期待の続編「God Of War Ragnarok」ですが、新たに本作が韓国のレーティング審査を通過したことが明らかになりました。

通過したのは、韓国のゲーム物管理委員会”GRAC”というところで、本作は、過度な暴言・飲酒や薬物類の表現が含まれていることから”18以上”の青少年利用不可レーティングがつけられたようです。

5月26日付けで韓国のESRBレーティングの通過した「God Of War Ragnarok」

昨年の12月にはサウジアラビアのレーティング審査を通過したことも明らかになっていた本作。2022年内の発売を予定しているので、来月のゲームイベントなどで発売日が発表される可能性が高いと推測しています。

ラグナロクが迫る中、クレイトスとアトレウスは答えと仲間を求めて神話の世界を旅する。

高い評価を得たSanta Monica Studio開発の『ゴッド・オブ・ウォー』(2018年)続編が登場。クレイトスとアトレウスは、世界に終焉をもたらすとされる戦いに備え、答えを求め九界を旅する。

アースガルズの勢力が戦の準備を進めるなか、クレイトスとアトレウスは共に九界を巡り、答えを探し求める。二人は美しい神話の世界を探索しながら、世界各地で仲間を集め、北欧の神々や異形の恐るべき怪物に立ち向かうことになる。

ラグナロクの脅威が迫る中、クレイトスとアトレウスは、家族の安全か世界の平和か、という厳しい選択を迫られることになる…

運命を打ち破る者

アトレウスは知識を求め「ロキ」の予言を理解し、ラグナロクで自分がなすべきことを知ろうとする。クレイトスは、過ちを繰り返す恐怖に縛られ続けるか、それとも過去を振り払って息子が求める父親となるか、選択を迫られる。

武器

リヴァイアサン、ブレイズ・オブ・カオス、守護者の盾が再び登場。加えて、クレイトスとアトレウスは、数々の新たなスキルを習得することになる。九界の神々や怪物を相手に、家族を守るため命がけで戦うクレイトスは、スパルタの力を試されることになる。

世界を探索

答えと仲間を探し求めるクレイトスとアトレウスは、美しくも危険にあふれる世界を旅しながら、さまざまな魔物や怪物、北欧の神々と対峙する。

PlayStationより引用 

「God Of War Ragnarok」の吹き替えトレーラー

さとぼん
さとぼん

おお!!韓国のレーティング審査も通過しましたか!!

6月のゲームイベントで発表なるか!?

タイトルとURLをコピーしました