「さとログ」へアクセスして頂きありがとうございます。仕事終了後落ち着いてから翌日にかけて更新中!!

“Epic Games”にて「Epistory – Typing Chronicles」の無料配信が開始、配信は1月27日午前1時まで

1月20日午前1時まで”Divine Knockout (DKO)”、”First Class Trouble”、”Gamedec – Definitive Edition”が配信された”Epic Games”ストアですが、新たな配信ゲームが公開され、”Fishing Cactus”のタイピングADV「Epistory – Typing Chronicles」の配信が開始されました。

「Epistory – Typing Chronicles」のローンチトレーラー

「Epistory – Typing Chronicles」」は、1月27日1時までの配信となっており、来週は”Adios”が入れ替わりで配信されることが明らかになっています。

「Epistory – Typing Chronicles」

Epistory – Typing Chronicles は雰囲気のあるアドベンチャー タイピング ゲームで、インスピレーションに欠ける作家がミューズに最新の本の執筆を手伝ってくれるよう依頼するストーリーです。Epistory では、すべてが語られていない世界の架空の人物であるミューズを演じます。あなたの冒険は白紙のページから始まりますが、インスピレーションを集め、謎を解き、敵を倒すにつれて、世界はすぐに大きくなり、活気に満ちたものになります。移動からチェストの開封、壮大な戦いでの戦いまで、ゲームのすべての要素はキーボードのみで制御されます。ファンタジー折り紙の世界を進んで探索すると、物語は作家の心の中で文字通り展開し、言葉の魔法の力の謎が明らかになります。

特徴

  • 美しいペーパー クラフトの世界を探検:巨大な三尾のキツネに乗ったミューズとして、ファンタジー 3D の世界に迷い込んだ
  • タイピングだけではありません:神秘的なパズルを解き、魔法の力を解き放ち、アドレナリン全開の壮大な戦闘で敵を倒しましょう
  • 作家のブロック?作家の頭の中で折り紙の世界を探索しながら、断片とインスピレーションポイントを集めて物語を展開してください。しかし、物語には目に見える以上のものがあります…
  • キーボードですべて: 移動、戦闘からメニューまで、キーボードですべてを制御
  • 適応難易度: 手がキーボードの周りを飛んでいる場合やタイピングが遅い場合、ゲームは各プレイヤーのスキルセットに合わせて進化する動的難易度システムを備えています
  • 競争アリーナモード:アリーナリーダーボードのトップスポットを目指して他のプレイヤーに挑戦
  • 自分の言語でプレイ:ゲームのテキストは、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語 (ブラジル)、ロシア語、ポーランド語にローカライズされており、英語のナレーションが付いています。ゲームは複数のキーボード レイアウト (QWERTY、QWERTZ、AZERTY、BEPO、Dvorak、Workman、Colemak) をサポートしています。

Epic Gamesより引用 


さとぼん
さとぼん

「Epistory – Typing Chronicles」」は、1月27日1時まで配信されていますので、プレイしたことない方は是非この機会にGETして遊んでみて下さい!!

タイトルとURLをコピーしました