「さとログ」へアクセスして頂きありがとうございます。仕事終了後~翌日にかけて記事を更新しています!!

3月25日の発売迫る「Ghostwire: Tokyo」のローンチトレーラーを公開

先月、PC版の動作要件がSteam、Epic Gamesにて明らかになった”Tango Gameworks”開発のアクションADVゲーム「Ghostwire: Tokyo」ですが、新たに”SIE”が本作の発売に2022年3月25日の発売に先駆けてローンチトレーラーを公開しました。

「Ghostwire: Tokyo」のローンチトレーラー

また、PlayStation.Blogでは、木村雅人氏がゲームに登場する”能面の男”について語っており、日本の伝統芸能で使用される能面の歴史からインスピレーションを得たことや、能面は人間ではないもの鬼や亡霊などを演じるときにつけるもので、角度によって喜怒哀楽のさまざまな感情が表現でき、能面が何を表しているかは一見するだけではわからないと述べています。仮面が素顔を隠すように、般若の真の意図は彼の世界観の裏に隠れてるとのことです。

未知と対峙し、真実を暴き、東京を救え

危険なオカルト主義者によって引き起こされた大規模な超常現象により、東京の人々は一瞬にして消失してしまった。Ghostwire: Tokyoの世界でプレイヤーは、謎の復讐者と手を組み、強力な能力の数々を習得しつつ、未知と対峙し、大規模人体消失の裏に潜む真実を暴いていく。

不気味な美しさを湛えた東京

“超常”の存在によって独特な姿へと歪められた東京を探索しよう。超近代的な街並み、古式ゆかしい寺社仏閣、狭い路地裏。多彩な景色を擁するこの妖しくも美しい街には、色々な妖怪や亡霊がさまよい、ひしめき合っている。

東京タワーや渋谷スクランブル交差点といったランドマークが、次世代の技術によって驚異的なディティールとレンダリングで描写される。大規模人体消失で静止した東京。実在することをあざ笑うかのような非日常の冥界を舞台に、決死行が始まる。

超常の元素を操る強烈な力

進化していくスキルや各種元素を操るの能力を組み合わせ、”超常”の敵に立ち向かおう。超常の力で東京上空へ舞い上がれば、街を見下ろしながら新しいミッションを発見したり、敵を追い詰めたりすることも可能だ。

Steamより引用 


さとぼん
さとぼん

最初は敵対する感じだと思うんですけど、能面の男実はそんなに悪くない訳ありの人物なんじゃないかと思っています。実は東京を助けるために動いているとか?ありそうですよね。

タイトルとURLをコピーしました