「さとログ」へアクセスして頂きありがとうございます。仕事終了後~翌日にかけて記事を更新しています!!

未知の惑星を舞台に財宝や資源を求めて冒険するPvPvE型FPSゲーム「The Cycle: Frontier」の最新のゲームプレイトレーラーが公開

先日3月17日より第2回クローズドベータテストを開始した”YAGER”が開発を手がける基本プレイ無料FPS「The Cycle: Frontier」ですが、新たに放送された”Future Games Show Spring Showcase”にて、最新のゲームプレイトレーラーを公開しました。

本作は、致命的な嵐によって荒廃し見捨てられた未知の惑星”フォルトゥナIII”を舞台に、プレイヤーは、”プロスペクター”として財宝や資源を求めて探索に出るPvPvE型FPSゲームで、惑星には危険な野生生物が生息し、他の”プロスペクター”もいるため物資を奪い合うことになります。1人でもプレイ可能で、最大4人のパーティを組んで遊ぶこともでき、マッチは最大20人のプレイに対応しているとのことです。

「The Cycle: Frontier」ゲームプレイトレーラー

フォルトゥナIIIへようこそ! この見捨てられた世界では、危険度が高く、膨大な報酬を手に入れることができる。

地上に降り立ち、財宝や資源をポケットに詰め込もう。ただし、生還した者だけが戦利品を手に入れることができるため、注意が必要。血に飢えた獣や強欲なプレイヤーに気をつけよう。ボイスチャットで交渉することもでき、積極的に彼らを狩り、苦労して手に入れた報酬を自分のものにすることもできる。

戦利品を守るため、最も近い脱出船の座席を確保しよう。装備をアップグレードし、新しい装備を購入し、ファクションに基づく契約を完了することで、得られるものが増え、新しい戦闘オプションがアンロックされる。プロスペクター稼業はリスクが高いが、栄光が約束されているので欲が報われることもある。結局のところ、嵐の目には幸運が待っている。

リスクは大きければ大きいほどいい

プロスペクターの生活は危険がいっぱいであるが、どんな危険にも価値がある。一人またはチームを組むこともできるが、用心は怠れない。無茶をすれば、ずる賢いストライダーの群れや巨大なクラッシャーの注意を引く危険性がある。野生生物から身を守るために騒ぎ過ぎると、他のトリガーハッピーなプレイヤーに自分のポジションを奪われてしまうかもしれない。負ければ手ぶらで帰ることになるので、気をつけよう。

いつでもドロップ

マップインスタンスは数時間開いていたままなので、プロスペクターは嵐が吹き荒れていない限り、いつでも惑星表面にドロップできる。つまり、他のプレイヤーがいても列に並ぶ必要はなく、ただ地表に降りればいいのだ。地上にいる間、他のプレイヤーたちが撤収したり避難したり、また新しいプレイヤーがやってきたりと、脅威とチャンスが絶え間なく変化することになる。

桃源郷

銀河の果てにある緑豊かで神秘的な惑星 フォルトゥナIII。かつて天然資源で栄えたこの惑星は、放射性嵐「サイクル」によって荒廃し、瞬く間に文明を一掃した。空の入植地を残し、生存者は軌道上のステーションに退避を余儀なくされた。結果、嵐はまだ脅威であるが、地表は戦利品と宝物で溢れている。嵐の夜を生き残るために身を隠すか、この危険な機会を利用して希少な素材を探すかは、あなた次第。

嵐の後の静けさ

比較的安全なプロスペクト・ステーションに戻れば、戦利品を確保し、完了した契約を提出できる。手に入れた資源で、恒久的なアップグレードによる宿舎の改善や、新しい装備の購入ができる。お気に入りの武器には様々な改造を施し、次のドロップのために完璧なツールを揃えよう。ここは楽園の一角ではないかもしれないが、家、あなたの家であることには変わりはない。

Steamより引用 


さとぼん
さとぼん

“YAGER”は、本作のベータテスト終了後の4月の配信に向けて開発を進めているとのこと。プレイした人は”Escape from Tarkov”をカジュアルにしたゲームと言っていたので、かなり楽しみですね!!

タイトルとURLをコピーしました