「さとログ」へアクセスして頂きありがとうございます。仕事終了後~翌日にかけて記事を更新しています!!

“Steam”での販売を再開した「Alice: Madness Returns」が再び販売中止に

今年3月、5年ぶりに”Steam”での販売が再開された、”Spicy Horse”が手掛けたダークテイストなアリスのアクションゲーム「Alice: Madness Returns」ですが、再び”Steam”での販売が中止されていたことが明らかになりました。

【更新】”Steam”で販売が再開されました。(2022.6.21)

今回”Steam”での販売が中止されていたときに、”Origin“と”PC Game Pass“では普段通り利用可能となっていましたが、ゲームの制作者American McGee氏によると、”Spicy Horse”の”Akaneiro: Demon Hunters”のデータの一部に問題があり、”Steam”から削除する必要があったそうで削除したところ、他の作品も誤って削除されてしまったと説明しています。

「Alice: Madness Returns」は、イギリスの作家Lewis Carroll氏の”不思議の国のアリス”、”鏡の国のアリス”を題材にした”American McGee’s Alice”の続編で、火事で家族を失い精神病院に入れられてしまったアリスが現実とワンダーランドを行き来してトラウマを克服するホラー要素の強めなゲーム。”Steam”ではDRM(デジタル著作権管理)の問題によって、2016年後半に販売が中止されていましたが、今年3月に5年ぶりに販売再開したばかりでした。

「Alice: Madness Returns」のローンチトレーラー

さとぼん
さとぼん

シリーズ3作品目の”Alice: Asylum”の発表に向けて購入したかった人も多かったと思うので販売再開してよかった!!

タイトルとURLをコピーしました